« 怪我の功名 | トップページ | 希望の超短編 »

確固たる

やぶからぼうに妹が、

「足を組むひとってSやねんて」

と言ってきた。わたしたち姉妹は、ふたりとも足を組む癖がある。

しかもわたしは、一度組んだ足をもう一度組んでチョココルネみたいにする。

法則にのっとれば、わたしは超のつくS。そのあたりの自覚はまだないが、自分から動かない感じがその法則の所以なのだろう。

「お姉ちゃんはその上、手を腿の下にがっちり敷いてるもんな」

妹が指摘した。

そう。テコでも動かない構え。

もうこれはSとかMの話ではなく、ただの横柄なひとだということか。猛省したい。

|

« 怪我の功名 | トップページ | 希望の超短編 »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。