« 梅雨ごもり | トップページ | 無敵のカーテンレール »

カテゴリー

お土産に、“黒豆せんべい”というものをいただく。

黒豆もせんべいも、だいすきだ。うきうきして封を切ると、なかから黒豆のついた焼き菓子が現れた。

食べてみるとさくさくして、黒豆も香ばしく、とてもおいしかったのだが、釈然としない気持ちがどこかに残された。

 

これ…せんべいじゃない…

 

どちらかというと、いや、これは堂々たるサブレだ。

 

せんべいの定義もサブレの定義も曖昧なわたしではあるが、目を瞑って口に含んだひとの8割が「サブレでしょ」って言うとおもう。そういう仕上がりになっていた。(ちなみに残りの2割はクッキーって言うね)

世の中には、落花生のいっぱい入ったあまいせんべい(だいすき)も売られているが、あれよりもかなり洋菓子方向の味に振り切ったこの“黒豆せんべい”。見た目も細長く、ふっくらとしていてウェーブが入っており、せめてせんべいはまるくてひらべったい、というわたしの固定観念も覆してくれる。

 

何故せんべい? 和訳か? それとも、ご年配の方が色を5色ほどで表現するような感じで捉えればいいのだろうか。(ex.緑は青と呼び、オレンジは赤と呼ぶ)

気になる。会議で誰も「これってサブレですよね?」と発言しなかったのだろうか。

|

« 梅雨ごもり | トップページ | 無敵のカーテンレール »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

そのお菓子は知っていると思います…名前はさておき、正直美味しかった気が。

サブレやクッキーを煎餅と呼んでしまっている事例は、確か他にもあったかと。日本語のくびきの中では、ある程度止むを得ないかと。

それはそれとして黒豆おかきは好きです。

投稿: はやかつ | 2010年7月 4日 (日) 00時12分

はやかつさん

確かに旧い小説なんかを読んでいると、外国の食べものなどに無理矢理な和訳がされてたりしますよね。
黒豆せんべい、わたしもおいしくいただきました!サブレほど甘くなく、黒豆が香ばしい。
因みに京都の湯の花温泉のお土産でした!

投稿: タキガワ | 2010年7月 7日 (水) 19時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅雨ごもり | トップページ | 無敵のカーテンレール »