« たんけんはっけん | トップページ | スキルアップ »

ロードオブザわたしの字

確かにわたしが書いた記憶があるのだが、どうもわたしの字ではないような癖のメモがみつかった。

わたしは中学生の頃から、いかに勉強ができないことをバレないようにフォローするか…ということばかりを考えていた。数学が壊滅的に解らなかったのだ。今となっては、その間に復習しろよ!と言いたいが、若さとはそういうものであろう…という気もする。

中学生のわたしがとった手段は『数学ができる生徒のxとyの文字を練習する』というものだった。

そこから発展し、全体的に綺麗な字を書ければ頭がわるいことが露呈するまでに時間が稼げるのではないか?との自説のもと、毎夜字を特訓する日々がはじまった。

お手本となるテキストは、美しい文字のクラスメイトが書いた学級便りなどの印刷物だ。それを使って、セルフ・日ペンの美子ちゃん講座を開講。ほんとに勉強してくれよ。

その後も、わたし好みの文字を書くひとが現れるたび修正を重ねていったので、今でも雑に字を書くときは色々な癖がでてしまうのだ。

 

字には性格がでる、とよく聞くし、その通りだともよくおもう。

それでは、わたしはどういう性格か。なんだかとっても知りたくない。

|

« たんけんはっけん | トップページ | スキルアップ »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。