« 16才 | トップページ | うっかりうっかり »

飲食店の代名詞

喫茶店、スナックなど、個人経営の飲食店で、いちばん多い名前はなんだろう。

故ナンシー関さんは、たしか「ボンという飲食店(喫茶店?)を多くみかける」と発言されていたようにわたしは記憶しているが、わたしは「サルビア」というのがそれにあたるような気がしている。「ボン」はまだ見たことがない。土地柄だろうか。

まぁ、「サルビア」が多いといっても、わたしが知っているのはまだたったの3軒だが。

 

ところが、今更にして伏兵があらわれた。

それが「来夢来人(らいむらいと)」だ!

 

初めての出会いは、たしか中学生の頃。わたしの地元の市役所の近くに、その店はあった。バスを待ちながら「……はん」と鼻で笑ったものだ。ちょうど英語の教科書で、チャップリンが出てきたところだった。

そして時の流れること1×年…(うわ、洒落にならん歳月だ)、先日野球を観に甲子園へ行ったら、球場のそばの店が「来夢来人」を名乗っているではないか!失いかけていた記憶が蘇る。

その上、今日。調べもののついでにサイトを巡っていたら「スナック来夢来人」という看板が、ある記事のなかの写真にあった。

一部間接的ではあるものの、現在「サルビア」3軒、「来夢来人」3軒…。ここで一気に躍りでるのか、「来夢来人」!

もしかしたら、これがライフワークになってしまうのか。水の泡アワー、というタイトルも「来夢来人研究会」に変える日もやってくるのか。らい研?あ、それともペンネームそのものを「来夢 来人」?変更後にあたらしい店名がでてきたらどうしよう。

チャップリンはそんなにすきではないのですが。最初から最後まで泣いてるし。だって怖いんだもん。

 

|

« 16才 | トップページ | うっかりうっかり »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 16才 | トップページ | うっかりうっかり »