« みゃーみゃー | トップページ | 飲食店の代名詞 »

16才

 何となく立ち寄った花屋にとてもうつくしく花を扱う店員がいて、けれど私の目が奪われたのはそれが理由ではない。

 彼と私はかつて同じ教室にいた。おもいでになるほどの事はひとつとして起こらなかったが、お互いが大人になっていても私は気付く。

 軽い会釈の後、あじさいを抱えておもてへでると、すぐさま16才が付き纏った。そのせいか、私には細々とした用事が増えた。主にその店の前を通りすぎて足すものだ。

 手入れを怠らないあじさいは、まだ部屋の隅で息づいている。萎れてうなだれる間隔は、日に日にみじかくなっているが。

 あたらしい花を買おうか。私が呟くと、16才は嫌々をする。事実、あれから結界でもあるかのように、私はあの店に立ち入れない。瀕死のあじさいをまるごとバケツに入れて蘇らせていると、16才がいつの間にか傍に立つ。私は、ただ黙って見下ろされている。

 どこからやり直せばいいのかが、解らなかった。

 花屋を通れば横目で窺うのが、私の癖だ。ウインドウのなかに彼の姿がなかった。今日はお休みなのだろう。私は安心するが、16才は聞きわけがない。

|

« みゃーみゃー | トップページ | 飲食店の代名詞 »

超短編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« みゃーみゃー | トップページ | 飲食店の代名詞 »