« 2007年2月 | トップページ | 2007年5月 »

キスアンドクライ

フィギュアスケートはすきだ。

巧く技が決まっても涙、転んでも涙。

唯一興味のあるスポーツ観戦。みんなきれいな衣装とお化粧をしているけど、口を揃えて「この試合」とか「次の試合」とか言うのを聞くと、ああアスリート…とうっとりする。

ただひとつ。老婆心ながら気になることがある。

演技が終わって、特設ステージみたいなところで得点発表を待つ間、みなさんもう少し膝を合わせたほうがいいんじゃないだろうか。

そりゃあスケート靴の関係かもしれないし、過酷な演技を終えてすぐ、そんなこと構っちゃおれねぇよ!みたいな気持ちなのかもしれない。衣装も別に見られてもいい用だろうし。見せる用だろうし。

でも、昔から足癖の問題で、母を怒らせてばかりだったわたしとしては、非常に気になる。そしていつしかわたしはズボン派になった。

| | コメント (0)

まだ若いもん

お客さんに「エンポリの袋、置き忘れたみたいなんですけど見ませんでしたか?」と訊かれる。

わざわざ素材名で言ってくるなんて、博識アピール?ケミカルずき?エンポリって塩化ポリなんちゃらってことだよね?それってパリパリした感じ?やわらかい感じ?それともぱしゅぱしゅした触感なのかしら?

ロゴとか入ってますか?と尋ねたわたしに、お客さんは冷めた目で言った。

「エンポリってアルマーニのことなんですけど」

エンポリオ・アルマーニ!

なんだよ!アルマーニって言えよ!ア・ル・マー・ニ!!

しかも、アルマーニのショッピングバッグ(?)を普通に普段使いしてるひとに言われるなんて!悔しい、やけに悔しい!見つけたエンポリの袋を隠してやりたいほどに悔しいさ!(ちゃんとにこやかに渡しましたよ)

この悔しさは幼稚園児のとき、はと1組のクラスメイトまさきちゃんに「おてんとさんじゃなくて、おひさまでしょ!」と注意されて以来の悔しさだ。より女子っぽい引き出しが皆無だった悔しさ。関西弁圏なのに標準語で指摘されるその悔しさ。

くうっ

| | コメント (0)

なぜですか

わたしは勿論、まったく使いこなせていませんが、ブログの裏側にはいろんな機能があるよね。

なんだか久しぶりのブログに嬉しがって、かちこち触りまくっていたら、「検索ワード」という機能にあたった。

あらー、どんな風に検索して、みなさん迷い込まれているのかがわかるのねー。

「ダーマアンドグレッグ」って!やっぱりみなさんすきなんだわー。伊東家の食卓も終わってしまって、どこでダーマの声を聞けばいいのかしらねー。(なんでこんな口調)

だいたい書き覚えのある単語が並んでいて、真剣に調べものをしている方々のお邪魔をしているようで、心が痛む。

ただ。

「ガムはなぜ飲み込んではいけないのか?」という検索ワードでひっかかってしまった方。なぜですか?

過去に書いた分をあらためてはいないのですが、わたしガムについてなんて書きましたっけ?おぼえていないわー。なんでうちに来てしまったんだろう?

なんかよくわからないんですけど、すみません。このまま何の収穫もないのは申し訳ないので考えてみましたが、たまに飲み込んじゃう分くらいは大目に見てあげてもいいんじゃないでしょうか。

あ、ガムってずーっと噛んでたら、苦い味がでてくるけど、あれが体によくない成分だったりするのでしょうかね?

書いてました。ガムの話題

| | コメント (0)

たんまたんま

やっぱり、こしあんも捨てがたいかもー

| | コメント (0)

人生のおとしまえ

最近、覇気がないのは無趣味だからじゃないだろうか…という話になり、職場内で趣味サークルを立ち上げるのが流行っている。

・読書部(素敵な本を紹介し、貸しっこしあうのが活動内容)

・軽音部(バンド組んでいるひとがいるので。無趣味じゃないじゃん)

・お笑い研究会(略して笑研。ニューカマーを発掘!)

・睡眠部(自己最高連続睡眠時間を競い合う)

・趣味部(趣味探し)

・寺部(寺めぐり)

・お遍路部(ひとりで行けと言われた)

何故かわたしが部長を務める部は、廃部率が高く、行き当たりばったりどころかおもいつきを口にしているだけだったりする。嘆かわしい!

そういえば、わたしにはそういう中途半端なところがあるのだ。いけない。なおさなければ。

これからは、白黒はっきりつけていく!

手始めに、わたしは「つぶあん派」か「こしあん派」かここで決めようじゃないか!

桜餅はつぶあん、汁粉よりぜんざい、好物の阿闇利餅もつぶあんだ。赤福はこしあんだからこそだけれども、ここはやっぱり多数決でつぶあんだ!

つぶあんといえども、こしっぽい部分が含まれているしネ。よし。

わたしは「つぶあん派」だ!

よしよし、意外にすんなり決まったぞ。

| | コメント (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年5月 »