« 保守的な職場 | トップページ | 視界の隅 »

誰かの差し金

職場には、個人の鍵付きの引き出しのほかに、メールボックスがある。給料明細とかお知らせとかを入れる浅い引き出しだ。

そのわたしのメールボックスに、いきなり「犬夜叉4巻」が入っていた。しかも上司が先に見つけたため、軽く指摘されてしまった。

ち、違うんです!濡れ衣なんですぅ!誰かが間違ったんですよ、きっと!

しかし、メールボックスの上下段にあたるひとに訊いてみたが、心当たりがないという。

どういうことだ。誰かがわたしを貶めようとしているのか。わたしの地位を狙っているのか。それともただのお薦め図書か。でも4巻て。せめて1巻から入れてくれよ。

よーし、これから付近の聞き込みだ!

|

« 保守的な職場 | トップページ | 視界の隅 »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。