« グルメと健康を考える | トップページ | そしてグルメ第三夜 »

グルメのその後を考える

北京ダックは本当に皮だけしか食べないのだろうか。

あの、まるまると残った身の部分はどうなるのだろうか。

賄などで食すのか。でも、北京ダックがしょっちゅう出るような高級中華料理店だと、コックさんも飽きてしまうではないか。

今日のダックはひとり一羽です!とか。丹精こめて北京ダックを焼き上げたあとにそんな仕打ち…。だめだよ!コックさん辛すぎて辞めちゃうよ…!

そして考えに考えたコックさんがとった行動…。それは庶民の中華サラダへのダック混入…。

鶏のささみの振りをして、和えられゆくダックの肉。

よ~く噛み締めてみよう。そこに違うトリは混じってはいまいか。それはコックさんの愛情。

北京ダックがメニューにあるお店に行く際は、気をつけてみよう。

  

  

以上、今日の妄想でした。

|

« グルメと健康を考える | トップページ | そしてグルメ第三夜 »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。