« 言いたい放題 | トップページ | 保守的な職場 »

やっとあえたね

久々に、大阪・梅田まででかけた。

さてごはんでもたべようか、とうろうろしていると、10メートルほど先で1歳半くらいの男の子がじっとこちらを見ていた。

あー見てるなー、とおもいながらも歩をすすめると、覚束ない足どりで男の子が駆け寄ってくるではないか。

わたしは子供になつかれるようなキャラクターでは決してない。そんなわたしの足にがっちりとしがみつく幼児。ものすごくにこにこしている。

そのまま引き摺るようにして歩いてゆくわけにもいかず、かといってお母様に断りもなく抱き上げるわけにもいかず、わたしはただ立ち尽くしていた。

お母様が救出に来てくださったが、子供はわたしの手を握り締めて離さなかった。幼児らしからぬ握力だった。

  

…と、いう話を職場のひとにした。あんなにひとなつこかったら親も心配するでしょうね。

すると占いやオーラに造詣の深い彼女は言った。

「タキガワさん。それは前世からの因縁ですよ」

彼女が立てた仮説としてはこうだ。

①前世で親子だった。

②運命の相手(彼の成人後に結婚)。

③わたしが産んだ娘と結婚することになる、将来の息子。

もしも②だったらどうしよう。一生結婚できないって言われるよりはいいけど、あと20年は長い。それだったら運命なんてどうだっていいよ…。多分、わたしも顔憶えてないし(憶えられないし)。

とりあえず、彼女はオーラの泉を観過ぎている。それだけは確かだ。

|

« 言いたい放題 | トップページ | 保守的な職場 »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。